ヨーロッパ最高地点の展望台と
言われているグレイシャー3000に挑戦する日。

 

富士山の山頂よりも高い標高3833mの場所にあります。

 

1

 

3000m級の山に登る割には余裕な私たち。
夫ともパシャと写真。
(私、幸せそうな顔しているな〜 w)

 

2

 

運動も苦手、もちろん登山もできない私には、
人生の中で一回も訪れることなどないと思っていた聖地。

 

なのに、なぜ、こんなに余裕で、
こんなに軽い格好をしているかと言いますと・・

 

なんと、ゴンドラを1回ほど乗り継ぐだけでスイスイ3000m近い頂上まで登れてしまうのです。
(なんとも私にぴったりのスタイルw)

 

3

 

このロープでどんどん上がっていきます。
下を見ると思わず怖い〜。

 

4

 

下の写真は1回目の乗り継ぎ場所だったところ。
どんどん小さく見える〜。

 

5

 

およそ30分程度で2900m地点到着。
見てください!この絶景!

 

6

 

有名なアイガーマウンテンの頂上も見えます。
空と太陽がめちゃくちゃ近い。

 

さらにここから標高約3000m地点を目指します。
左奥に見える国旗の地点。

 

7

 

そこまでは、階段を登り、吊り橋のような橋を渡っていけるんですが、あまりの高さと寒さと強風に足がすくむ。

 

8

 

9

 

私が写真を撮っております w

 

10

 

11

 

12

 

娘とパシャ。

 

13

 

感無量の後は、カフェにてゆっくり。

 

14

 

15

 

温かい飲みものも5分もすれば冷たい飲み物に変わるほど、寒いのに店員さんは半袖。

 

山々の頂点だけが目に入ってくるカフェでゆったりしていると、
ふとスティーブジョブズのスピーチの一部が浮かびました。

 

あなたの時間は限られている。
だから他人の人生を生きたりして
無駄に過ごしてはいけない。

 

ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。
それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。

 

他人の意見が雑音のように
あなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。

 

そして最も重要なのは、
自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。
それはどういうわけか
あなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。
それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

 

- スティーブ・ジョブズ -

 

大自然の中にいると、
ドグマの存在が自然に消えていきます。
同時に他人の意見も聞こえません。

 

聞こえるのは、自分の心の声だけ。

 

自分の心と直感を信じる勇気を持つ大切さを、
大自然が教えてくれているような気がしたのでした。

 

続きは、夫と秋色のジュネーブ探索へ