1

★良いママの条件とは?

出産して、子供が生まれると生活環境ががらりと変わります。

 

ちょっとした買い物が気軽に行けない。
ゆっくりご飯を作って食べることができない。
子供が昼寝してもいつ起きるかわからないから、落ちつかない。

 

このように、今まで当たり前にできていたことが、
まったくできなくなるのが現状です。
あまりの変化に、驚いたり戸惑ったりする
新米ママもきっと多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回はママでも我慢せず、幸せに生きるコツをお伝えします。

 

★良妻賢母でないとダメ?

ママになったのだから、子供のことを最優先するのは当たり前。
掃除も料理も洗濯もすべて完璧にやらなくてはいけない。

 

良いママならば◯◯しなければならない。
良い妻ならば◯◯してはいけない。

 

気づけばこんな強迫観念に捕われてはいませんか?
こういう気持ちがストレスになって、心がモヤモヤしていませんか?

 

でも、よく考えてみてください。

 

良いママって、何ですか?
良い妻って、誰が決めたものなのですか?

 

それは、テレビや雑誌に出ている女性を思い描いていませんか?
あるいは、自分の母や義理の母から、
親はこうあるべきだとプレッシャーをかけられていませんか?

 

良い妻・良い母というのを、身近な人やメディアの影響を受けて、
自分で作り出してしまっているものかもしれませんね。
でも、良い妻・良い母の定義なんてありません。

 

親が子育てしていた当時と今では、
時代背景も社会も大きく変わっています。
また、現在は生き方も多様化している時代です。
想像上の素敵なママや親の世代と、比較する必要はありません。

 

子育ては体力も使います。
時には疲れることだってあります。
家事や育児を完璧にこなさなくてもいいのです。

 

子供にとってのママ、夫にとっての妻として、
自分らしくいることを大切にしましょう。

 

2

 

★ママになっても我慢せず、自由に生きよう!

最近、自分の心の声をじっくり聞いていますか?
結婚をしたから、子供が生まれたからと
諦めていることはありませんか?

 

今の時代、ママになったからといって、
仕事や趣味、オシャレを我慢する必要はないのです。
やりたいことがあるのにしないのは、
自分自身が無理だと諦めてしまっているから。

 

たまには、周りの評価や意見を気にせず、
自分の本心や心の声に従ってみてみましょう!

 

「子供のため、夫のため、家族のため」と思って我慢していると、
笑顔が失われ、自分らしさが消えてしまいますよ。

 

そうなったら、子供や家族は悲しむはず。
ママが笑顔で自分らしくいることが、子供や夫にとって嬉しいのだから。

 

やりたいと思うことは、何でも挑戦してみましょう。
仕事も家庭も趣味もあきらめない。

 

自分らしく自由に生きるママは素敵です。
そして、ママの笑顔は家族の幸せにつながります。
一度きりの人生なのだから後悔のないように生きましょう!