私がカウンセリングや講座をしている中で、一番多い質問は、
「どうしたら幸せになれますか?」というもの。

 

当たりまえのことかもしれませんが、
結婚していない人も、結婚している人も悩む永遠のテーマですよね。

 

今回は、私が約20年間、8000人以上の男女のマリッジカウンセリングを
行なってきて辿り着いた答えを紹介します。
このウーマン魅力学メソドロジーの根っことなる部分なので、
ぜひぜひ心にとどめておいてくださいね。

 

1.「幸せになりたい」と思っているうちは……幸せに、なれない!!

あなたは、幸せをどんな時に感じていますか?

 

パートナーと一緒にいて愛されていると感じるとき、
愛する家族とご飯を食べているとき、素敵な仲間とともに仕事をしているとき…
本当に幸せですよね。

 

でも問題なのは、あなたが
「私は違う!パートナーと全然うまくいっていない!辛過ぎる!」
という場合でしょう。

 

たしかに今、あなたのおかれている状況や環境は、
あなたの望む100%の環境ではないかもしれません……
でもこのとき、不幸の粗探しをすると、負のスパイラルに入ってしまいます。

 

そもそも、良い人と出会えば幸せ、結婚できれば幸せ、自分の家族ができれば幸せ……
と、幸せの形を定義づけている方が多いのですが、それは間違い。

 

幸せとは、「結果」ではないのです。
パートナーや友人、仲間と「愛情が循環している状態」が本来の幸せです。
愛は、「結果」ではなく、「ずっと続いていくプロセス(過程)」なんですよね。
だから、まず、結果だけにとらわれる思考とさよならをしましょう。

 

結果主義の思考を持ったままでいると、良い人と出会っても、
本当に自分の結婚相手としてふさわしいのかに悩んだり、
いざ結婚しても、心配事で頭がいっぱいになってしまいます。

 

浮気をするかもしれない、お金を十分稼いでくれない、
自分の子どもの成長が心配など、果てしなく「結果」を追い求めてしまいます。

 

皆さんの友達やお母さんなど、周囲にも当てはまる人がいるのではないでしょうか。
一生結果を求め続けなければならないので、当然ながら、いつまでたっても満たされません。

 

幸せを手にいれたはず。
なのに、なぜか空回ってしまう。

 

この考え方の癖を、あなたならどうしようと思いますか?

 

 

2.幸せになる考え方を「真逆」にしてみよう!

本当に幸せになりたいのなら、「幸せになりたい(誰かに幸せにしてほしい)」から、
「幸せになる(自分の力で)」という考えに発想を逆転させましょう。

 

そう、受動から能動へ。

 

今までと真逆の考えをしてみるのです。

 

幸せになれないのは他人や社会のせい、と思っている人に、人は魅力を感じるでしょうか。
結婚したいと思うでしょうか。

 

また、相手の思考や行動をコントロールすることはできないので、
いつも不確定な要素に振り回されてしまいますし、
パートナーに対してもすぐに不安や不満が生まれます。

 

そうすると、おのずとトラブルが生まれやすくなる。
結婚をしている人にも言えることですよね。

 

結婚していなくても、していても、自分の人生は自分で舵をとりましょう。

 

100%望む環境にいなかったとしても、自分で幸せを自家発電できるようになると、
いつでも幸せを感じられ、そのハッピーオーラに人が集まり、
幸せがどんどん付いてくるようになります。

 

まるで引き寄せられたかのように、出会う人の質が変わりますし、
何よりも、愛する彼があなたに価値を感じ、大切に扱ってくれるようになるのです。
今も、生徒さんたちがどんどん実証してくれています。

 

物事に対しての見方、捉え方が変わっても、
「今ある現実は変わらないんじゃない?」と思うかもしれませんね。

 

たしかに、すぐには変わらないかもしれません。
でも、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と訓練をしていくと、驚くほどいろんなことが変わっていきます。
私自身も多くの生徒さんたちも何度も経験しています。自信をもって。
頑固でなければ、いろんな未来が開けてきますよ!

 

心を柔軟に、あなた自身で幸せを感じてみてください。