「自分のことを好きですか?」

 

この問いに「はい」と自信を持って答えられる女性は、
どのくらいいるのでしょうか。

 

あるアンケートでは、
女性に限らず日本人が「自分に満足しているか」という問いに
「そう思う」と答えられた人が一桁。

 

「どちらかといえばそう思う」を足しても、
半数を割る結果が出ています。

 

(一番「そう思う」「どちらかといえばそう思う」の
割合が高かったアメリカは、8割を超えています。)

 

最近は「自分を愛そう」という内容の書籍もよく目にするようになり、
それだけ自分を愛せず苦しんでいる方の需要があるのだなと感じます。

 

それでは『自分を愛している状態』とはどんな状態をいうのでしょうか?
私なりのポイントを挙げてみました。

 

 

・自分が一番自分を信頼している

何があってもこの人生を、自分の力で幸せに出来る、と思える。
それは周りに何か言われても、反省すべき所は取り入れるが、芯は揺らがない。

 

・ありのままの自分でいる覚悟がある

背伸びをしない。
自分でしたこと結果は、全部自分で受け止める覚悟を持っている。

 

・自分をよく知り、身体やこころの声をよく聞き労っている

自分がどんな時に悲しくなるのか、嬉しくなるのか、
何時間眠ると調子がよくて、何を食べると身体が喜ぶのか。
自分のことをじっくりと観察し、本当に望むことをしてあげている。

 

・自分のやりたい思うことに、妥協をしない

何かやりたいことが出来たとき、もし大切な人に反対されても、
やるかやらないかを「自分の意志」で選択することができる。
優先順位がはっきりしている。

 

・理不尽なことや失礼なことをされたら、ちゃんと気持ちを伝えられる

伝えなくても自らの意志で、適切な距離を取れること。
自分も相手も、自分や誰かを軽んじていい訳はない、と知っていること。

 

Woman making gun gesture

 

まとめると、

 

★自分の今の状態を、誰のせいにも思わないし、誰かの為とも思わない。
自分が生きたいと思う道を責任を持って歩いている。

 

そんな状態ではないかな、と私は思います。

 

自分がしたことへの責任を取る覚悟さえあれば、
周りはあなたが何をしても文句は言えないんですよね。

 

自分のために生きる人生は、ドキドキすることも沢山あると思いますが、
勇気を出して踏み出せばダイナミックな冒険のストーリーが待っています。

 

一度きりの人生、自分を愛して、自分の人生を楽しみきりましょう!