1

女性にとってダイエットは永遠のテーマですが、その中でも、脚の太さや下半身太りに悩む方はたくさんいるのではないでしょうか。特に脚は、脂肪だけでなく水分によるむくみが原因で太くなってしまいます。東洋医学では、そういった体内の余分な水分のことを「水毒」といいます。水毒は、水分代謝を上げることで解消することができます。今回は、漢方薬剤師の筆者がその方法について詳しくお伝えします。

 

■水毒の原因とは?

夕方になると脚がパンパンになったり、お酒を飲むと脚が重くなってしまうことはありませんか?そのような脚のむくみの原因となる水毒は、体の循環不良によって引き起こされてしまいます。

 

循環不良の原因は様々ですが、
・塩分の摂り過ぎ
・運動不足
・お酒の飲み過ぎ
・冷え性
・立ちっぱなし、座りっぱなし
などが挙げられます。

 

■水毒の対処法その1:塩分量の調節

外食が多い方やしょっぱいものが好きな方は、まず塩分摂取量を控える必要があります。塩分を取りすぎると、浸透圧のバランスが崩れ、体内に余分な水分が溜まってしまうからです。摂りすぎた塩分は、腎臓の働きによって徐々に排出されていきますが、全て排出されるには、1−3日かかってしまう場合もあります。

 

塩分コントロールが難しい方は、カリウムを多く含む食材を食べるよう心がけてみてください。カリウムは、過剰な塩分を排出してくれるので、むくみ解消にとても効果的です。カリウムは、ほうれん草、里芋、さつまいも、ひじき、納豆、バナナ、アボカド、アーモンド、干し柿、などに多く含まれています。

 

■水毒の対処法その2:適度な運動

筋肉は、水の巡りを良くするポンプの役割も持っています。そのため、脚の筋肉が少ない方は水分が滞りやすく、むくみがちになってしまいます。脚に筋肉をつけるには、筋トレやランニングなど、運動するのが一番効果的ですが、歩く習慣をつけたりエレベーター代わりに階段を使う習慣をつけるだけでもむくみづらくなります。

 

また、日常的に座りっぱなしや立ちっぱなしのことが多い方は、脚の筋肉を使う頻度が少なくこれもまたむくみの原因になります。1時間に一度は立ち上がって歩いてみたり、座りながら左右の脚を交互につま先立ちをさせる動きも効果的です。

 

■水毒の対処法その3:血行を良くする

静脈に血流障害が起こると、水分や老廃物がうまく回収されずに皮膚の下に滞ってむくみとなってしまいます。血流障害を防ぐポイントの一つは、体を冷やさないことです。体が冷えてしまうと、血管が収縮してしまい血流が悪くなってしまいます。もし冷えが生じてしまった時は、一日の終わりにゆっくり湯船に浸かることをオススメします。その中で脚をもみほぐすようなマッサージができたらより良いでしょう。

 

お風呂上がりは、できればストレッチをする習慣をつけてください。特に、脚の付け根には大きなリンパがあるため、脚の付け根を伸ばすストレッチを行うと脚がとてもスッキリします。

 

■水毒に効果的なツボ

委中(いちゅう):膝のちょうど裏側にあるツボです。ここを押して痛みがある場合は、むくみが強い可能性が高いです。左右の中指をツボに当てて、3−5分ほど優しく押したり離したりしましょう。

 

豊隆(ほうりゅう):足の外側、すねの中央部分にあります。強めに揉みほぐしたり、呼吸に合わせて吸う時に押し、吐く時に戻す、を繰り返しても良いです。